春のお彼岸  

 お彼岸に必要なものといえばお供え物。お供えといえば、おはぎ。ぼたもちとも言いますね。

基本的には同じもので、一説には、萩(はぎ)の花は秋に咲くから秋の彼岸は「お萩」

牡丹(ぼたん)は春に咲くから「牡丹餅(ぼたもち)」と呼び分けるとも。

また、小豆の収穫時期の違いもあります。秋は収穫したばかりの小豆が使えて、皮まで柔らかく食べられることから

皮も一緒に炊いた「つぶあん」。

春は、一冬越した小豆の皮が硬いため、皮を除いた「こしあん」を味わうのがツウ!    とか。

本日の施設のおやつは、「ぼたもち」 緑茶と一緒においしく食べていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

4月誕生会

次の記事

桜咲く